MENU

マニキュアをするとクリアネイルショットは使用しない方がいい?

 

クリアネイルショット マニキュア

 

クリアネイルショットを使う際にはマニキュアは使って良いのか気になるところですが、やはり成分の浸透を妨げることにつながりますので、使用中はマニキュアは控えておくことがおすすめです。
とはいえ、サンダルなどのおしゃれの際はやはりマニキュアは楽しみたいですが、そんな場合は日中はつけておき、入浴の前にはマニキュアを落としておき、清潔になった爪に塗ることがおすすめです。
おしゃれのために、爪の傷みをカバーするためにペディキュアを行う人は多いですが、塗料はコーティングとなり爪への浸透も悪くしてしまいます。
さらに除光液なども爪の負担となりますので、できれば爪の状態の悪い間はこうしたお手入れは避けておくほうが無難です。
爪が健康に美しくなるとペディキュアやマニキュアも存分に楽しめるようになりますので、まずは美しく健康な爪作りを目指すことがおすすめです。

 

 

足は何かとトラブルが起きやすい部分ですが、特に爪の変色や濁りなどは一度できてしまうときれいに治すにはそれなりの時間が必要です。
手の爪よりも伸びるのが遅いこともあり、すぐにきれいに戻るというわけにはいきません。
爪にトラブルが起きるとサンダルなど爪先を出す靴のおしゃれを楽しむのが難しくなってしまいますし、ペディキュアなどをきれいに塗るのも難しくなってしまいます。
爪をきれいにするためには薬や化粧品の利用も考えていきたいですが、爪は硬いということもあり、成分が浸透しづらくせっかくお手入れをしていても、良い結果が得られないという人は少なくないものです。爪をきれいにするのであれば、クリアネイルショットの利用も検討してみてはいかがでしょうか。
クリアネイルショットは浸透力特化型のジェルタイプの塗るケア商品で厚く硬くなった爪にもしっかりと成分を浸透させることができます。
爪の表面には親油性の膜があり、油になじみやすくなっていますが、クリアネイルショットではこの特性を活かしオイルでアプローチ成分を包みこみ、爪になじみやすく、ジェルなので液体のように流れてしまう、せっかくの大事な成分がすぐに蒸発してしまうという心配がありません。
しっかりと成分を爪に浸透させ爪のターンオーバーを促進し、土台づくりにも役立ちますのでしっかりとした元気な爪作りをサポートしてくれます。
塗り方も一日一回、入浴後の清潔な爪につけるだけですので、無理なくお手入れが続けられるのではないでしょうか。

 

クリアネイルショット マニキュア