MENU

クリアネイルショットとクレナフィンの違いをまとめてみました。

 

爪が白くなる、濁る、分厚くなるなどのいわゆる爪水虫の悩みを抱えている人は多いですが、こうした症状はなかなか治らないこともあり、悩んでいる人は多いものです。
特に女性はサンダルやペディキュアなどで爪のおしゃれを楽しみたいという人も多いですが、その対策がわからないという人もあるのではないでしょうか。

 

爪には薬が浸透しづらいこともあり、医療機関では飲み薬が処方されることが多くなっていますが、副作用が出る場合もありますので、使うことに抵抗を感じる人もまた少なくありません
最近はより浸透の良い塗り薬タイプの商品も増えていますので、活用してみてはいかがでしょうか。

 

最近は爪をきれいに健康にするための商品も充実していますが、特にクリアネイルショットとクレナフィンは有名な存在です。
どちらを選ぼうか悩んでいる人は、まずはそれぞれの特徴をしっかりと比較しておきましょう。

 

まず、クレナフィンは医療用医薬品となっており、有効成分はトリアゾール系真菌薬エコフィナゾールとなっています。
通信販売などで入手することはできず、購入の際は医療機関で処方してもらうこととなります。
高い浸透性を持った抗真菌薬が主成分となっており、白癬菌の増殖を阻止できるので高い改善効果が期待できます。
使い方は入浴後のきれいにした爪につけることとなりますが、まずは水気をしっかりとふき取っておきます。
ボトルの先の筆を使った、爪全体、爪と皮膚の境目に塗ることとなります。ここで注意したいのは、皮膚についた場合はふき取っておかないとかぶれなどの原因となることです。服用タイプほどではありませんが、医薬品となっていますので副作用が起こる可能性があることは理解しておきましょう。

 

そして、クリアネイルショットは医薬品ではなく爪ケアに役立つ商品で、こちらは医療機関に足を運ばずとも、通信販売で手軽に入手することができます。
その有効成分は竹酢液、スクワラン、植物由来の有効成分などが配合されており、安全性も高いものとなっています。
使い方は一日一回、入浴後の清潔な爪につけることとなりますが、浸透性に優れており、爪全体、爪と皮膚の境目、爪と皮膚の境目などにつけていきます。
爪の表面には親油性の膜がありますが、このことに着目しており、有用成分をオイルで包み込むことで、より浸透しやすく作られています。
医薬品とは違いますので、副作用のリスクがなく安全に使えるということで人気の高い商品です。

 

そして、爪をきれいに健康にしていくには改善にはそれなりの期間も必要ですので、コストパフォーマンスの良さも気になるところです。
コストパフォーマンスについてはクリアネイルショットはクレナフィンよりもかなり抑えられており、しかもお得な定期コースも用意されていますので、利用すればさらに安く購入することができます。
こうした商品は実際に使ってみないことには合うかどうかを知ることができませんが、クリアネイルショットは全額返金保証が用意されていますので、もしも商品に満足ができない場合も返金に応じてもらうことができますので、安心して注文することができます。

 

クレナフィンの場合は薬がなくなったら、その都度医療機関に行く必要がありますし、クリアネイルショットの場合は定期コースを選んでおけばなくなる頃には届けてくれますので、取りに行く手間もなく、うっかり切らしてしまうという心配もありません。

 

どちらの商品も一日一回、清潔な爪に塗るだけですので、お手入れの手間はそれほどかかりません。

 

しっかりと効果を期待するのであれば医薬品であるクレナフィンを選ぶのも良いですし、医療機関に行く手間を省きたい、より安全性の高い方法で対策をしたいという場合はクリアネイルショットを選ぶなど、それぞれの好みや使いやすさを考えて最適なものを選んでいきましょう。

 

クリアネイルショットとクレナフィン